自転車保険の必要性

自転車による事故が大きな社会的な問題となってから、少しずつ自転車事故は統計上は減少傾向にあるようです。自転車事故のほとんどは自転車対自転車の事故ですが、自転車同士、あるいは対歩行者の事故となると自分が加害者になるケースが多くなります。最近では自転車事故を少しでも減らすために自転車の取り締まりも厳しくなっていますので、自転車に乗る人はきちんとルールを知ったうえで乗ることが必要です。さてそんな自転車事故ですが、どんなに注意していても起きてしまうのが事故です。車の場合、強制加入が義務付けられている自賠責保険がありますが、自転車にはそのような保険の加入は義務付けられていません。そのため、多くの人はもしもの時の事故の補償が何もない状態で自転車に乗っています。考えてみれば、とても危険な状態ともいうことができますね。とりわけ子どもは自転車事故において自分が加害者になる可能性があるなどとは夢にも思わずに自転車に乗っています。ですから、まずは子どもに自転車が他の人を傷つけけがをさせる危険な道具になる可能性があるということを十分に教えてあげる必要があります。特に坂道などで男の子はスピードを出して遊ぶのが大好きです。そうした子どもが引き起こすかもしれない事故を考えると自転車の保険に入っておくことはとても大切なことといえます。多くの大手損保会社が自転車の総合保険を取り扱っていますので、まずは自転車保険の内容を知ってみるのは良いことでしょう。

原付バイクと歩行者が出会い頭に衝突する機会の多い細い路地における交通事故!

最近は経済的な問題も関係しているのか、自家用車を持つよりも原付バイクのような小回りの利く交通手段を選ぶことも多いでしょう。特に地方などでの狭い道の多い場所になりますと、非常に入り組んだ路地も多いので通行人との出会い頭での衝突もかなり多いのです。

現在原付バイクの事故はビッグスクーターの利用者急増によって非常に深刻化していまして、これらの特徴は狭い路地でも減速しようとしないと言うことにあるでしょう。彼らの場合は自転車と同じ感覚で乗っているために、いざ事故が発生してしまった時の対処力は非常に乏しいことも問題視されています。

弁護士によれば仮にバイク事故に対して加害者に対する厳しい判例が出るようになっても、ライダー自身が安全運転をするようにならなければ事故自体が減らないと指摘します。自動車の交通事故案件減少傾向ですが、バイクの場合は必ずしもそうとは言えない状況です。バイクに関しては再度改めて交通安全教育が必要と言えるでしょう。

交通事故に詳しい弁護士が語る立地の良い駐車場の無いコンビニは事故リスクが非常に高い!

かつては交通事故が起こりやすい場所と言うのは比較的限られた場所でしたが、最近は交通マナーを守らないドライバーも大変多くなっていますのであらゆる場所での交通事故が想定されるようになりました。しかし、昔も今も交通事故のリスクが高い場所は存在するものでして、やはり交差点等の交通量が非常に多い所だと言えることでしょう。

そして、最近交通事故に遭いやすいお店と言うのも出て来ていまして、それがまさにコンビニと言えることでしょう。コンビニは交差点にある物件については注目を浴びやすいので集客力も非常に高くなります。この影響もあって、交差点における衝突を伴った交通事故ではコンビニが被害にあるリスクもかなり大きくなっているのです。特に、駐車場の無い店舗が直接道路に面している店舗は危険度も大きく増します。

交通事故の弁護士によれば交差点に開店する方にとって、単なる地の利以外にも安全性を考慮しないと予想以上の損失を負わなければならなくなるのです。

損害保険会社の再編で自動車保険の契約内容に変更を来す懸念も増加する?

多くの方はいつ発生するかも分からない交通事故に備えて自動車保険に加入するものですが、最近は保険を担う損害保険会社自体が業界全体で不安定になっていることもあるでしょう。業界の再編もかなり進んでいることも確かでして、これにより現在加入している自動車保険の加入内容を変更しなければならないケースも生じてきます。

もともと特定の保険会社を選んでいたのはその特約などが非常に人気であることが多く、その後損害保険会社同士で統合などが進むと本来使えていた特約などが適用されなくなることもあるでしょう。そのため、結果的に不本意な契約内容になった場合は損害保険会社を変更するのも1つの不法です。

弁護士に依れば多くの場合は変更せずに済むことがほとんどですが、再編のケースによっては全く新しい保険商品に切り替わる場合も否定できませんのでこの点は良く覚えておいた方が宜しいでしょう。保険料の安さや対応力についても、現在はかなり選択肢が広がりましたのでこれを機に積極的に変更をしても構いません。

ネット上では交通事故の弁護士に頼まなくても処理できるノウハウが存在する?

時期を問わずに引き起こされることの多い交通事故ですが、一般的に弁護士などの法律の専門家で交通事故に精通している者を選ぶことがその損害賠償も非常にスムーズに行くと言う認識があります。しかし、ネットなどを見てみますと、このような弁護士を使わなくても交通事故の処理を進めるためのノウハウが存在していると言われているでしょう。

確かに現在は弁護士を使わなくとも保険会社との示談等を単独で処理できる手段を公開しているウェブサイトもありますが、それでも被害者が満足の行く慰謝料額などで解決できるのかと言うと非常に大きな疑問となります。

解決のためのやり方としては確かに適切なノウハウなのかもしれませんが、基本的に被害者が行うことと弁護士が行うこととでは慰謝料の算定に用いる基準が全く異なるでしょう。そのため、本来の理想的な金額によって慰謝料を得たいのであれば、弁護士を使って交通事故処理を進めていくことが求められるのです。

自動車ディーラーのショールームに突っ込ん交通事故!損害賠償も非常に大きい!

日本のどこかで今でも発生している交通事故ですが、高齢者のドライバーが一段と増えたせいか飲酒運転などでなくても非常に痛ましい事故が当たり前に起こる時代となっています。その中の1つに、自動車のディーラーのショールームに突っ込むと言う凄まじいパターンになるでしょう。

高齢者の場合は車の運転に関して色々なリスクがあるのでしょうが、特に多いのはアクセルとブレーキのペダルを踏み間違えると言うケースになります。高齢者の交通事故にも実際に上述のような自動車ディーラーに突っ込むケースが存在していて、この場合はガラスやショールーム内の車両の破損などで巨額の対物補償が求められることもあるのです。

しかし、高齢者の中には生活費が苦しいからと任意保険に未加入の場合もあって、特に高齢者は保険料が割増しになる可能性がありますので安易に考える高齢者も非常多いと言えるでしょう。弁護士の分析によれば、今後は任意保険に加入していない高齢者の巨額対物補償が増えて来るとされます。

交通事故後に車両保険で修理適用する際には頻繁に拒否される?

日本で起きる交通事故ですが、多くの方が自動車に対して自動車保険を掛けていることで知られます。しかし、高級車などを持っている人になりますと、本人補償の1つである車両保険を掛けていることも珍しくありませんよね。それでも、この車両保険はちょっと面倒な保険として知られています。

実は、交通事故を担当する弁護士が言うことには、この車両保険を掛けている車両がいざ交通事故に遭った場合はそのほとんどの案件で車両保険の適用が拒否される事が多くなるのです。特に、被害者であっても過失が意外に多い状況ですと保険会社がその過失を理由として保険金の支払いが滞ることも多いでしょう。

車両保険は加入する人の数は非常に少ないことで知られていますが、保険会社にとって非常に貴重な財源になりますので勧誘自体は必死に行って来ることが一般的です。そのため、この保険金を支払うことは非常に大損をすることを意味しますので何が何でも拒否することが多くなります。

スクランブル交差点上で発生する事故は大惨事に!賠償責任も非常に重い?

日本で起こす多くの交通事故に関しては、その多くが交差点などの出会い頭で発生することも多いでしょう。都会でもさらに人口密集エリアに行けばスクランブル交差点がありまして、多くの人が一気にすべての方向へ移動できる仕組みになっています。

しかし、これほど赤信号と青信号が分かりやすいスクランブル交差点でも交通事故が起こることもあって、更にその交通事故の状況は通常と交差点と比較しても歩行者の交通量から考えても深刻な惨事になることがほとんどです。

基本的に歩行者が通行中のスクランブル交差点は車両がすべて赤信号にて止まらなければなりませんので、どの方向から来た車両であってもスクランブル交差点内に侵入することは交通違反となります。このため、常の歩行者に対する人損事故になりまして、過失割合は加害者100%の過失になることも決して珍しくないのです。

そして、弁護士によるとこの場合は複数の歩行者を同時に交通事故に遭わせることになりますので損害賠償額が膨大になるでしょう。

交通事故被害者にとって他県の弁護士への依頼は損害賠償も不利?

交通事故が起こる場所と言うのは一般的にどんな場所でしょうか?ほとんどの方は、基本的に生活基盤を置くエリアにおいて交通事故に遭ってしまう方が多いことでしょう。このため、その後の損害賠償に関してもその住んでいる土地に基盤を置く弁護士などが活躍することが多くなりますが、そのエリアの交通事故の処理に詳しい弁護士が非常に少ないこともある分けです。

よって、このような被害者は仕方なく県外に拠点を置く弁護士の助けを借りなければなりません。しかし、県外からの人材については難色を示す被害者も少なくなく、それは損害賠償において不利になるのではないかと言う思いがあるからでしょう。

これについては正しくもあり間違ってもいて、このような場合には県外の弁護士でもお住まいの地域に非常に近い所に住んでいる者であればかなり頼りになることもあります。また、交通事故の専門では無いけれど全国規模の弁護士事務所が地元にあると言う方はここを使っても構いません。

自宅の盆栽が落下して車道の自動車のフロントガラスに激突!補償のために自動車保険は使える?

よく自宅のベランダにプランターや盆栽を置いていると言う事もあるでしょう。しかし、日本の変わりやすい天候で言えば、このような物が地面に向けて落下すると言う事も珍しくありません。この場合、運が悪ければ車道上の車両のフロントガラスなどの直撃することもあります。このようなケースになりますと、自動車保険などで補償が出来るのでしょうか?

基本的に日本の自動車保険における対人対物補償は、自動車を運転している際に交通事故となって相手に来してしまった人損や物損を補償するものです。そのため、弁護士によると自宅からの落下物で他人の車両を傷つけても自分の自動車保険でカバーは出来ません。

しかし、現在の日本における保険業界の苦境を見てみますと将来的に自動車保険の特約なども更に再編され、自動車を運転していない時における相手の自動車に対する損害補償なども行える商品が出来て来る可能性は非常に高いと言えます。現状でも非常に細かな特約が存在していますので十分に考えられるでしょう。