交通事故後に車両保険で修理適用する際には頻繁に拒否される?

日本で起きる交通事故ですが、多くの方が自動車に対して自動車保険を掛けていることで知られます。しかし、高級車などを持っている人になりますと、本人補償の1つである車両保険を掛けていることも珍しくありませんよね。それでも、この車両保険はちょっと面倒な保険として知られています。

実は、交通事故を担当する弁護士が言うことには、この車両保険を掛けている車両がいざ交通事故に遭った場合はそのほとんどの案件で車両保険の適用が拒否される事が多くなるのです。特に、被害者であっても過失が意外に多い状況ですと保険会社がその過失を理由として保険金の支払いが滞ることも多いでしょう。

車両保険は加入する人の数は非常に少ないことで知られていますが、保険会社にとって非常に貴重な財源になりますので勧誘自体は必死に行って来ることが一般的です。そのため、この保険金を支払うことは非常に大損をすることを意味しますので何が何でも拒否することが多くなります。

スクランブル交差点上で発生する事故は大惨事に!賠償責任も非常に重い?

日本で起こす多くの交通事故に関しては、その多くが交差点などの出会い頭で発生することも多いでしょう。都会でもさらに人口密集エリアに行けばスクランブル交差点がありまして、多くの人が一気にすべての方向へ移動できる仕組みになっています。

しかし、これほど赤信号と青信号が分かりやすいスクランブル交差点でも交通事故が起こることもあって、更にその交通事故の状況は通常と交差点と比較しても歩行者の交通量から考えても深刻な惨事になることがほとんどです。

基本的に歩行者が通行中のスクランブル交差点は車両がすべて赤信号にて止まらなければなりませんので、どの方向から来た車両であってもスクランブル交差点内に侵入することは交通違反となります。このため、常の歩行者に対する人損事故になりまして、過失割合は加害者100%の過失になることも決して珍しくないのです。

そして、弁護士によるとこの場合は複数の歩行者を同時に交通事故に遭わせることになりますので損害賠償額が膨大になるでしょう。

交通事故被害者にとって他県の弁護士への依頼は損害賠償も不利?

交通事故が起こる場所と言うのは一般的にどんな場所でしょうか?ほとんどの方は、基本的に生活基盤を置くエリアにおいて交通事故に遭ってしまう方が多いことでしょう。このため、その後の損害賠償に関してもその住んでいる土地に基盤を置く弁護士などが活躍することが多くなりますが、そのエリアの交通事故の処理に詳しい弁護士が非常に少ないこともある分けです。

よって、このような被害者は仕方なく県外に拠点を置く弁護士の助けを借りなければなりません。しかし、県外からの人材については難色を示す被害者も少なくなく、それは損害賠償において不利になるのではないかと言う思いがあるからでしょう。

これについては正しくもあり間違ってもいて、このような場合には県外の弁護士でもお住まいの地域に非常に近い所に住んでいる者であればかなり頼りになることもあります。また、交通事故の専門では無いけれど全国規模の弁護士事務所が地元にあると言う方はここを使っても構いません。

自宅の盆栽が落下して車道の自動車のフロントガラスに激突!補償のために自動車保険は使える?

よく自宅のベランダにプランターや盆栽を置いていると言う事もあるでしょう。しかし、日本の変わりやすい天候で言えば、このような物が地面に向けて落下すると言う事も珍しくありません。この場合、運が悪ければ車道上の車両のフロントガラスなどの直撃することもあります。このようなケースになりますと、自動車保険などで補償が出来るのでしょうか?

基本的に日本の自動車保険における対人対物補償は、自動車を運転している際に交通事故となって相手に来してしまった人損や物損を補償するものです。そのため、弁護士によると自宅からの落下物で他人の車両を傷つけても自分の自動車保険でカバーは出来ません。

しかし、現在の日本における保険業界の苦境を見てみますと将来的に自動車保険の特約なども更に再編され、自動車を運転していない時における相手の自動車に対する損害補償なども行える商品が出来て来る可能性は非常に高いと言えます。現状でも非常に細かな特約が存在していますので十分に考えられるでしょう。

飛び出してきた動物を見て急ブレーキ!後続車に追突されて怪我した場合の過失は?

山道等を走っていますと真っ直ぐとした道もあればクネクネとした道もありますが、このような道は対向車などが来ることは少なくても野生動物が急に飛び出してくることも珍しくありません。

しかし、このような道でも後続車が来ることはありまして、複数の車両が一定のスピードで走行する光景も良く見られます。この際、後続車両は先行車と車間距離を取っておきませんと先行車が動物の出現で急ブレーキをした場合に衝突して交通事故を起こす可能性があるでしょう。

それでもよく考えてみますと、動物の急な飛び出しによる急ブレーキをした車両と後方から衝突した車両との過失割合がどうなって行くのかは分かりませんよね?この場合は野生動物の急な飛び出しは急ブレーキをするほどの事情ではないと思われがちですが、万が一の安全回避のためにはやむを得ないと判断される余地があります。

その一方で、弁護士から見ると急ブレーキを予測して十分な車間距離を取っていなかった後続車がむしろ過失が認められるケースになる分けです。

知らない土地で巻き込まれた交通事故は証拠が隠滅される恐れも!

今は自動車に乗って全国各地を回ることが出来る時代となりました。各地にお住まいの方も、県外ナンバーを見掛けることが以前よりも格段に多くなったと言えます。

そんな中で、県外に車で旅行に頻繁に行く方になりますと気を付けたいのは現地での交通事故です。それは何処でも一緒でしょと感じるかもしれませんが、県外ナンバーは他の地方では交通事故の処理が現地の車両よりも不利になることがあるからです。

地方に行きますとスピード取り締まりなども県外ナンバーが集中的に狙われることも多く、警察の対応がトータルで県外ナンバーに警戒する風潮を持つところも多いでしょう。さらに、地方でも悪意のあるドライバーになりますと、相手が県外ナンバーだからと証拠を隠滅するケースもあります。

弁護士によると県外ナンバー車両を巻き込んだ交通事故の原因は、地方の道路事情に慣れていないことが非常大きいとされます。県外に行くときは、楽しみながらも交通事故に巻き込まれないように一定の緊張感を持つ事が重要になるでしょう。

雪の日の交通事故!歩行者をはねた場合の過失割合は如何に?

寒冷地になりますと、雪の日の交通事故というのは極当たり前に起こることが多くなります。しかし、雪があまり降らないような地域にお住まいになっている方から見ると、雪の日の事故は過失割合が一般天候時の事故と大きく異なるのではないかと感じる部分があるようです。

しかし、弁護士によれば実際のところ雪による影響は被害者も加害者どちらとも受けているので、雪の日だから車がスリップしたので不可抗力などという天候を根拠にて過失が減らされるようなケースはありません。むしろ、雪の日であるからいつもよりゆっくり走って事故防止に備えると言う心の準備が必要となります。

これは天候が雨であっても同じことでして、雨の日に被害者が分かり難い服装などを着ていたとなれば多少の過失は認められるかもしれませんが、雨が原因で車がコントロール出来なかったと言うのは通らない理屈と言えることでしょう。これにより、雪の日も過失割合と言うのは天候が理由での変動はほとんどない分けです。

田舎農道上で起こったトラクターの路上走行による人身事故!保険に未加入だった!

都市部に住んでいる方であればあまり理解できないかもしれませんが、農村部などでは農道でも一般道でもトラクターが走行していることもあります。時としてトラクターも非常に大型で、車輪も非常に大きいものもあるでしょう。

しかし、農業者は前をよく確認せずに高速で突っ走る場合もあって、突然目の前に現れた子供などをはねてしまう交通事故も起こっています。弁護士によると、非常に面倒なのはこのような車両も特殊自動車として登録されているので自賠責には加入しているものの、任意保険に加入していないことも多いと言うことです。

このような交通事故ケースになりますと、トラクターに乗っていた農業者は死亡事故などを起こしてしまうと莫大な慰謝料を自費で支払わねばならないでしょう。農協などにも共済制度があるので本来入っておくべきですが、一部の農業者に関しては危機管理の意識が低い方もいらっしゃるようでこのような取り返しのつかないケースもあるとされます。

田舎に行くほど多くなる夜間の猛スピード衝突事故!弁護士も意外に頭を痛める!

最近は都会暮らしに疲れて田舎に移住しようと考える方も多いようですが、最初は物新しさで新鮮味があったものの、次第に土地の習慣になかなか慣れずに困惑することも少なからずあるようです。特に車の運転に関してはその傾向が非常に強くなり、島しょ部などの信号機があまりない地域になるとかなり自動車を飛ばす傾向にあるでしょう。

島しょ部では民家が密集している分けではないので車道が延々と続くところも存在していて、夜間になると実際に自動車も走行することが極めて少なくなります。それにより、ヘッドライトを着けて走っていますと、前方から対向車線ヘッドライトの気配が無い限りはかなりのスピードを出す方もかなり多くなるのです。

しかし、それ故にこのような地域の交通事故は衝突ダメージも大きく、時折ガードレールを突き破って豪快に林に転落することもあるとされます。自損事故に絡む死亡事故も非常に多いため、担当する弁護士もドライバーの過失割合に頭を抱えることもかなりあります。

道路の歩行者

交通事故にあったら、越谷弁護士へ相談へ行こう

道路の歩行者

越谷の交通を知っておこう

越谷市の中心部は、南部にあるJR武蔵野線が通る南越谷駅と、その乗換駅でもある東京スカイツリーラインという愛称を持つ東武伊勢崎線が通る新越谷駅周辺です。このエリアが最も人通りが多く、車の通りも多くなっていると言えるでしょう。他の地域でもある程度の交通量はあるので、どこのエリアを運転するときであっても、十分安全に注意して運転しなければいけません。越谷市も含めて、交通事故が多くなる時期というのは、年末と夏休みになっています。

夏休みは免許取立ての学生が、無理な運転をして交通事故を起こしてしまう場合や、遊び疲れた帰りに事故を起こす場合、渋滞でイライラしながら運転をして事故を起こす場合が多いでしょう。年末は忘年会でお酒を飲み、お酒を飲んでいるのに車や自転車を運転して事故を起こしてしまうケースもあります。中にはお酒を飲んで歩いている途中に、道路へ飛び出してしまう場合や、信号を無視して交通事故に遭ってしまうこともあるのです。

最も酷いのは、やはり飲酒運転をしている人のせいで、事故に巻き込まれた場合でしょう。よく加害者は酔っていて覚えていないなどという人もいますが、そんな言い訳は通用しませんので、弁護士に相談して対策を立てておくべきです。

越谷は埼玉でも交通事故が多い都市!

越谷市は埼玉県の中でもかなり交通事故の発生件数が多くなっている地域ですが、交通事故を起こす人の多くは、ベテランのドライバーになっています。普通なら初心者が事故を起こしやすく、慣れてくれば事故を起こしにくくなるのではと考えるでしょうが、初心者の人は安全運転を心がけるので、あまり事故を起こしていないのです。しかし、慣れてくることで安全確認を怠る場合や、スピードを出し過ぎてしまうことが多くなるので、交通事故を起こしてしまいます。

免許証を見ると、免許取りたての人は緑色のラインが入っていますし、ベテランの人は青色か金色になっているのですが、最も事故を越しやすい人が青色のラインが入った免許証を持っている人と言われているのです。金色のラインが入ったいわゆるゴールド免許の人というのは、今の状態を維持したいと考えているので、比較的安全運転をすることが多くなっていますが、青色の免許の人は、運転が荒い人も多いため、どうしても事故を起こす確率が高くなります。

越谷の交通事故弁護士なら

越谷弁護士(エクレシア法律事務所)がいるので、何かあったらすぐ相談に来てほしいと思います。エクレシア法律事務所では、実際に交通事故に関する案件を多数解決している実績もあります。

問題なのは危ない運転をしている人のせいで、事故に巻き込まれてしまった人が苦労するという点なのですが、このように被害者が泣き寝入りしないように、うまく加害者と話し合いで解決できない場合には、エクレシア法律事務所まで相談してほしいと思います。エクレシア法律事務所は越谷市にあるので、越谷に住んでいる人であれば、すぐに相談することができます。弁護士に相談することで、より円満に解決することができるようになります。