田舎農道上で起こったトラクターの路上走行による人身事故!保険に未加入だった!

都市部に住んでいる方であればあまり理解できないかもしれませんが、農村部などでは農道でも一般道でもトラクターが走行していることもあります。時としてトラクターも非常に大型で、車輪も非常に大きいものもあるでしょう。

しかし、農業者は前をよく確認せずに高速で突っ走る場合もあって、突然目の前に現れた子供などをはねてしまう交通事故も起こっています。弁護士によると、非常に面倒なのはこのような車両も特殊自動車として登録されているので自賠責には加入しているものの、任意保険に加入していないことも多いと言うことです。

このような交通事故ケースになりますと、トラクターに乗っていた農業者は死亡事故などを起こしてしまうと莫大な慰謝料を自費で支払わねばならないでしょう。農協などにも共済制度があるので本来入っておくべきですが、一部の農業者に関しては危機管理の意識が低い方もいらっしゃるようでこのような取り返しのつかないケースもあるとされます。

田舎に行くほど多くなる夜間の猛スピード衝突事故!弁護士も意外に頭を痛める!

最近は都会暮らしに疲れて田舎に移住しようと考える方も多いようですが、最初は物新しさで新鮮味があったものの、次第に土地の習慣になかなか慣れずに困惑することも少なからずあるようです。特に車の運転に関してはその傾向が非常に強くなり、島しょ部などの信号機があまりない地域になるとかなり自動車を飛ばす傾向にあるでしょう。

島しょ部では民家が密集している分けではないので車道が延々と続くところも存在していて、夜間になると実際に自動車も走行することが極めて少なくなります。それにより、ヘッドライトを着けて走っていますと、前方から対向車線ヘッドライトの気配が無い限りはかなりのスピードを出す方もかなり多くなるのです。

しかし、それ故にこのような地域の交通事故は衝突ダメージも大きく、時折ガードレールを突き破って豪快に林に転落することもあるとされます。自損事故に絡む死亡事故も非常に多いため、担当する弁護士もドライバーの過失割合に頭を抱えることもかなりあります。

道路の歩行者

交通事故にあったら、越谷弁護士へ相談へ行こう

道路の歩行者

越谷の交通を知っておこう

越谷市の中心部は、南部にあるJR武蔵野線が通る南越谷駅と、その乗換駅でもある東京スカイツリーラインという愛称を持つ東武伊勢崎線が通る新越谷駅周辺です。このエリアが最も人通りが多く、車の通りも多くなっていると言えるでしょう。他の地域でもある程度の交通量はあるので、どこのエリアを運転するときであっても、十分安全に注意して運転しなければいけません。越谷市も含めて、交通事故が多くなる時期というのは、年末と夏休みになっています。

夏休みは免許取立ての学生が、無理な運転をして交通事故を起こしてしまう場合や、遊び疲れた帰りに事故を起こす場合、渋滞でイライラしながら運転をして事故を起こす場合が多いでしょう。年末は忘年会でお酒を飲み、お酒を飲んでいるのに車や自転車を運転して事故を起こしてしまうケースもあります。中にはお酒を飲んで歩いている途中に、道路へ飛び出してしまう場合や、信号を無視して交通事故に遭ってしまうこともあるのです。

最も酷いのは、やはり飲酒運転をしている人のせいで、事故に巻き込まれた場合でしょう。よく加害者は酔っていて覚えていないなどという人もいますが、そんな言い訳は通用しませんので、弁護士に相談して対策を立てておくべきです。

越谷は埼玉でも交通事故が多い都市!

越谷市は埼玉県の中でもかなり交通事故の発生件数が多くなっている地域ですが、交通事故を起こす人の多くは、ベテランのドライバーになっています。普通なら初心者が事故を起こしやすく、慣れてくれば事故を起こしにくくなるのではと考えるでしょうが、初心者の人は安全運転を心がけるので、あまり事故を起こしていないのです。しかし、慣れてくることで安全確認を怠る場合や、スピードを出し過ぎてしまうことが多くなるので、交通事故を起こしてしまいます。

免許証を見ると、免許取りたての人は緑色のラインが入っていますし、ベテランの人は青色か金色になっているのですが、最も事故を越しやすい人が青色のラインが入った免許証を持っている人と言われているのです。金色のラインが入ったいわゆるゴールド免許の人というのは、今の状態を維持したいと考えているので、比較的安全運転をすることが多くなっていますが、青色の免許の人は、運転が荒い人も多いため、どうしても事故を起こす確率が高くなります。

越谷の交通事故弁護士なら

越谷弁護士(エクレシア法律事務所)がいるので、何かあったらすぐ相談に来てほしいと思います。エクレシア法律事務所では、実際に交通事故に関する案件を多数解決している実績もあります。

問題なのは危ない運転をしている人のせいで、事故に巻き込まれてしまった人が苦労するという点なのですが、このように被害者が泣き寝入りしないように、うまく加害者と話し合いで解決できない場合には、エクレシア法律事務所まで相談してほしいと思います。エクレシア法律事務所は越谷市にあるので、越谷に住んでいる人であれば、すぐに相談することができます。弁護士に相談することで、より円満に解決することができるようになります。

交通事故のための自動車保険は保険料が高い安いでは無くて対応力をチェック!

現在は大手も新しい会社も競合している自動車保険ですが、その現状を見ると多くの保険加入者が保険料の価格だけで業者を選んでいる状況と言えるでしょう。基本的に保険料は大手が高めで新しい会社は非常に低い価格を設定していることが多くなりますが、実際のところ価格の高い低いだけでは保険会社の質は判断できないとされます。

自動車保険関係の口コミを見れば理解できるように、支払い拒否や担当者の態度の悪さなどは一般的にしっかりしていると言われる大手の企業にも多く存在しています。しかし、比較的新しい損害保険会社であっても交通事故における顧客対応力が非常に優れていることも多いのです。

特に企業などでは担当者次第で保険契約を続けることもあるくらいでして、日頃から対応してくれる態度を見れば一般的に理解できます。保険会社の担当者として弁護士と対峙できるような優秀な方でも、交流していてちょっと合わないと言う方も居るでしょう。この場合は加入する保険会社としては長期的に見れば不適合であることも否めません。

交通事故で自動車保険に入っていなかった人の勘違い!保険は自分のためのもの!

日本で発生する数々の交通事故に関して、当事者を見てみると意外に自動車保険に加入していなかったケースがあります。しかし、これらの無保険のまま交通事故を起こした加害者などはどうして無保険だったかというとお金がもったいなかったと言う理由がほとんどです。

これは彼らが保険に関して、相手に補償するために加入すると言う認識しかなかったからです。つまり、人のために使うお金なら使いたくないと言う間違った考えがあったからです。実際上、自分の自動車保険はまず自分を守るものという認識を持たなければなりません。

事故を起こした時に自分の代わりに保険会社が処理を代行してくれ、更に必要な慰謝料を支払ってくれると言う流れです。一見すると如何にも相手側のためのものに感じますが、これは加害者自身を守るためのものに他ならないでしょう。

彼らにこの考えがあったとしたら積極的に自動車保険に入っていたことでしょうし、そして結果的に被害者にも補償がきちんと行われていた分けです。多くの弁護士はこの点について改めてもらいたい部分と言えます。

交通事故の弁護士も知り合いからの伝手で紹介してもらう場合が良いことも!

思いがけない交通事故、どなたでも困惑を隠せないものです。初期の事故処理は自分で進めることが出来ても、加害者への損害賠償などはとても1人で進めることは難しいでしょう。この場合はやはり得策として弁護士を雇用すると言う事があり、ある程度生活を守りながら損害賠償を進めることが可能となります。

その肝心の弁護士のセレクトですがネット上でもかなり多くの交通事故専門を謳った弁護士がいますので、実際にその弁護士が本当に自分のために役に立ってくれるのかはハッキリ言って分かり難いのです。

そのため、もし知り合いに交通事故経験者がいて良い弁護士を使ったのであればぜひ紹介してもらうべきです。これは弁護士も担当した顧客の紹介であれば一見さんとして疎かにに出来ないこともあって、比較的親身に対応してくれることが多くなるからになります。

ネット上では親切に対応と記載していても、電話さえも中々出ない交通事故を扱う弁護士も多いので知人の伝手などは積極的に利用すべきでしょう。

弁護士が感じる交通事故で失敗する被害者の傾向!

今や自動車の運転免許を持つ日本人は非常に多くなりまして、言ってみれば交通事故の被害者にも加害者にもいつでもなり得ると言う事です。しかし、交通事故を担当する弁護士が分析する中で交通事故に巻き込まれやすい人にはある傾向があるとされます。

それはまず、いわゆる他人を顧みない利己主義の方と言えるでしょう。これは信号待ち等を見ても分かるのですが、基本的に自己に遭う方のほとんどは信号を守らないことで事故を引き起こしたり、逆に被害者となって健康にダメージを負ってしまったりする方が多くなるのです。

また、いつもイライラして時間に追われている方も同じです。無理な追い抜きを行ったり、急いでいるからと前方者の走行を煽ったりすることで自ら交通事故が発生しやすい状況を作り出しているでしょう。

このような方は日常生活の中でもそうですので、日頃家族や友人などでこのような性格を持つ方がいればその人の運転には十分な注意が求められます。

意外に頼りになる損害保険会社出身の弁護士!しかし注意点も満載!

ここ数年で日本における弁護士の人口が一気に膨れ上がり、この背景には法科大学校に入学することで社会人出身でも弁護士にチャレンジできる機会が増えたことにあります。中には損害保険会社に勤めていたスタッフが、司法試験に受かって交通事故を取り扱う弁護士になったケースも意外と存在しています。

この保険会社出身の弁護士は後遺障害の認定に強い力を発揮することになり、彼らは保険会社における後遺障害の一括申請経験を持っているので被害者の後遺症をどのように医師の診断書に反映させればよいかについてノウハウを多く持っているのです。

しかし、ちょっと面倒なのがこれら保険会社出身の弁護士が加害者側の担当になった場合です。この場合は保険会社時の経験を使って被害者の過失などを厳しく追及してくることもあるでしょう。彼らは加害者側についた場合は一般的に強い態度で来るために、被害者側も交通事故に精通した弁護士を雇って対抗して行かなければならないでしょう。

テレビに出ていた有名な交通事故専門の弁護士!依頼しても大丈夫?

最近はテレビでも○○弁護士相談所等のタレント化した弁護士の出演するバラエティも非常に多く、法律問題を身近に感じることのできる機会も増えて来るようになりました。実は交通事故を頻繁に扱う弁護士も有名な方が多くなっていて、万が一の時に委任してみようと言う気にもなります。

ただ、このような弁護士は2つのタイプで成り立っています。1つは有名な弁護士事務所に在籍している例でして、もう1つは自分で自ら事務所を立ち上げている独立系になるでしょう。

実は大手の有名な弁護士事務所に相談させてもらう場合は、経験のある弁護士による相談を進めてはもらえますが実際の手続き担当は別の弁護士であることも多いのです。

その一方で独立系の弁護士事務所は実力のある弁護士に直接担当してもらえることが多くなり、独立系の弁護士でテレビに出るくらいの方であれば実力がある程度備わっていることも多くなります。

メディアに露出している弁護士のすべてが良いとは限りませんが、どの事務所に属しているのかをチェックすると大まかなレベルが分かるでしょう。

最近は交通事故でも整骨院や医師と弁護士が協力して後遺障害対策に積極的!

接骨院との連携弁護士

一般的に交通事故で後遺症を患って後遺障害を認定するとなると整形外科の役割が非常に大きいものですが、実は整形外科によっては医療の一環として整骨院と協力して治療を進めることもあります。整形外科も骨には詳しいのですが整体の技術そのものに関しては、整骨院の方が優れていることもあります。

そのため、ケース的には非常に少ないものの、後遺障害認定に一役買っている良質な整骨院も多く存在して治療に携わっていることもある分けです。実は、このようなレベルの高い整骨院に対して弁護士が後遺障害認定に関する基準やコツなどを教授することもあるでしょう。

実際に後遺症などのリハビリを病院で行っても改善が中々しないと言う事もあって、先進的な整形外科医は整骨院の力を医療行為に巧みに取り込んで効率的に治療と行う例も存在しているのです。

上述のように弁護士によるセミナーも多くありますので、整骨院だからといって交通事故で治療には向かないという事が必ずしも言えなくなって来ています。

医師との連携、地元密着した交通事故弁護士

また、医師と連携している弁護士が、日本には少なからずおります。法律的な面では、専門家の弁護士も、医療に関しては、医師の判断が必要となることが多いのです。医師と連携して、交通事故を細かく対応できることが、交通事故被害者の即時救済につながることは明確でしょう。

また、地元に根強く実績をあげてきた弁護士が、弁護能力が非常に高いと言う特徴があります。大手弁護士事務所は、若手が多く(ホームページの顔ぶれを見ればわかりますが)、実力的にもまだ発展途上のため、不明な点がおおく処理が遅くなり勝ちです。

弁護士は、大手だからよいというよりは、地元に密着した実績をあげてきた弁護士がより力を付けていると考え方も出来ると考えます。

それぞれの長所、短所がありますから、交通事故にあったケースに応じて、選んでみるとよいでしょう。たとえば、埼玉だと以下の弁護士事務所が、交通事故に強い弁護士としてしられています。